皆さんはアファメーションってご存知ですか?

ちょっとオカルトちっくな話ですが、自分の希望を信じ、思いこむことによって、それが実現していくというものです。

人間って、想像以上にメンタルに左右されている部分があります。

それをアファメーションによって、強制的に自分の理想へと塗り替えれるならば、誰しもがお金持ちになるのは夢ではありません。

他人に見られるとちょっと恥ずかしいですが、やり方はお手軽なのでぜひ実践してみて下さい。

10秒で分かる本日の概要
  1. 人間の思い込みとは、何もないのに病気を治したり、逆に患ったりと強力な力を持つ
  2. アファメーションは毎日続けることが大切。中でも「話す」行為は思考の塗り替えには最適
  3. アファメーションで育まれるポジティブな感情は、投資にも役立てることが可能

お金持ちになるための自己暗示|アファメーションとは

アファメーションとは

アファメーションとは肯定的な自己暗示とも呼ばれており、自分がなりたい理想を言葉にしたり、耳で聞いたりすることで思い込みを作り出す心理効果のことです。

アファメーションすることで、なりたい理想に現実が近づくと、まことしやかに言われています。

なかなか信じがたい話ではありますが、例えば「私は毎日幸せに生活しています」と毎日言葉にしていれば、なんとなかポジティブな気持ちになれそうな気もします。

実際に、サッカー選手の本田圭佑選手は、小学生時代の作文で「将来の夢」というタイトルで世界一のサッカー選手になるという文章を残しています。

その後も、その夢を繰り返し思い続けた結果、世界でも一目置かれる選手になったのです。

本人の努力のたまものであることは間違いありませんが、その原動力になったのがアファメーションによる思い込みの力であることも否定はできません。

もちろん、本田選手のような物凄い高い目標を設定すれば、時間がかかり思い続けるのも相当な精神力が必要になってしまいます。

なので、まずは今よりちょっと成長している自分、ちょっとかっこいい自分、ちょっと充実している自分を想像してみるといいのではないでしょうか。

ブラセボ効果とノセボ効果

アファメーションの効果は、なんとなく言われていることではなく、きちんとした学術的根拠があります。それはブラセボ効果とノセボ効果と言われるものです。

何のことか分からないと思いますが、「病は気から」というフレーズは聞いたことがあると思います。これはノセボ効果の一例です。

ブラセボ効果とは、実際には何の効果もない薬を飲んでいるのに、効果があると思い込んで飲んでいると症状が良くなってしまう現象です。

ノセボ効果はその逆で、実は何もないのに自分は病気だと思い込むことで本当に体調が悪くなってしまう現象です。

1955年にヘンリービーチャーという医学者が、実は効果がない薬を飲んで症状が改善するかを実験した結果、対象1,082人の中で約35%の人にブラセボ効果が確認されたと報告しています。

35%という効果を微妙と感じる方もいるかもしれませんが、大前提として何も効果が無い薬を飲んでいるのに、35%もの人が症状が改善しているのが事実です。

その後も、各所で似たような実験が行われて、ブラセボ効果やノセボ効果については一定の効果があることを確認されています。

要するに、人間の思い込みというのは、気合で病を治したり、患ったり、想像以上に強力なものだということです。

アファメーションでなりたい理想に実現が近づいていくなんて嘘っぽいと思っていた方も、少しは意味があるかもと思って戴けたのではないでしょうか。

お金を引き寄せるアファメーション

というわけで、アファメーションが単なる偶然ではないことを理解して戴いた上で、本題であるお金を引き寄せるアファメーションを説明していきます。

と言っても、やり方は簡単で自分はお金持ちであると刷り込んでいけば良いだけです。

文章を作る際のポイントとしては、否定的なワードは入れないようにして下さい。

例えば、「私は貧乏ではなくなっていきます」だと貧乏という否定的なワードに思考が引っ張られてしまうので、「私はお金持ちになっていきます」という文章の方が良いです。

具体的に、お金を引き寄せるアファメーションの例文を以下のような感じです。

・私は、毎日あらゆる面で成長し、良くなっていきます
・私はお金が大好きだし、お金も私を大好きです
・お金が私に集まってきます
・私の生活は毎日豊かになっていきます

文章を作るのが面倒な方は、「アファメーション 例文」とググってみれば、いくらでも例文が出てくるので、それをベースにちょっと改変するぐらいが効率的です。

アファメーションのやり方

アファメーションのやり方

アファメーションは「話す」「聞く」「見る」「書く」どれでも良いし、全部やっても効果があります。

ただ、特に「話す」のを軸に実践してみて下さい。

人間は思考する生き物です。

その思考を最も簡単に塗り替えることができるのが、話すという行為です。

実際に口に出してみると分かりますが、他の邪念が入ってこなくなるので、アファメーションで刷り込みたい理想の自分のことだけを考えることができます。

また、上述したように高すぎる理想ではなく、毎日成長や進歩を実感できる内容の方が好ましいです。

毎日変化を感じることができれば、ネガティブな思考が入ってきにくくなるのでアファメーションによる思い込みをさらに強固なものにできます。

アファメーションの理想に近づいてきたら、もしくはなりたい理想が変わったら、どんどんメンテナンスして下さい。理想を引き上げれば、当然さらに高みを目指すことができます。

適切な時間帯と頻度

時間帯としては特に指定はありませんが、リラックスしている時が良いと言われています。

頻度としては毎日寝る前に数十秒でも良いので、実践してみると良いです。

日々の繰り返しがアファメーションには重要です。

慣れてきたら、気分が落ち込んでいる時やネガティブな感情になっている時にやると、効果的です。

アファメーション自体がポジティブな感情をもたらしてくれるものなので、自分の思考からネガティブ要素を排除していくことができます。

また、個人的には朝起きてすぐアファメーションするのもおすすめです。

朝は脳内に邪念が少なく、アファメーションがすんなり脳に入ってきます。

数十秒でも効果がありますが、時間が取れるならば10分ぐらいじっくりと言葉を繰り返してみて下さい。

アファメーションの注意点

アファメーションをやっていると、かならずそれを否定する思考が邪魔をしてきます。

人間というのは、現状維持したがる生き物です。

もしお金持ちになりたいと理想を掲げても、そんなの無理だよと囁いてくる自分がどこかにいます。

ネガティブな感情が出てきやすい方は、対策としてアファメーションの内容は自分で到達可能と思える目標にしておくことです。

また、現在進行形にして、徐々にそうなっているという意味合いにすることで、納得感が生まれます。

例えば、「資産が1億円あります」と念じても、実際には持ってないし、将来的にもそんなに持てるわけがないとなってしまいます。

なので、「資産が1000万円になっていきます」ぐらいにしておくのが良いです。

上述したように資産が500万円超えてききたぐらいで、金額を3000万円とか引き上げればいいわけです。

ちなみに、金額が100万円とか低い目標設定をしてしまうのは現状維持から出れていないので、ギリギリ達成不可能ぐらいの目標設定をしておくのが良いです。

定量的で分かりやすいので金額の例で説明しましたが、定性的な話でも同じようなコンセプトで考えるようにしてみて下さい。

投資にもアファメーションが有効

投資がお金持ちへの最短距離

アファメーションをやっていくと、だんだんとポジティブな感情が沸き上がってくるようになります。

それを利用して、どんどん行動していくことで現実が変わっていきます。

行動したい人のヒントという意味で、少しお金持ちになるための話をしていきます。

「お金持ち」が理想であるならば、その最短距離は投資です。

頑張って働いてお金を稼ぐことも尊いことなのですが、皮肉にも資本主義の現代においては使われる側ではなく、使う側にいなければお金持ちにはなれません。

実際に、サラリーマン社長よりも創業者の方がお金持ちですよね。

自分を事業を起こすでも良いのですが、そんな体力のいることをしなくても、事業をやっている人に投資することでいくつもの事業をやっている状況を作り出すことが可能です。

最も身近な投資で言えば株式投資です。

これは最もシンプルで事業会社に投資しているわけです。

その会社の業績拡大に合わせて、自分のお金も増えていきます。

もちろん、世の中の投資は株だけではないので、詳細は下記をご覧下さい。

ゼロ金利政策の日本にいると実感できませんが、むしろ海外なら銀行預金で年利で3%ぐらいは増えるのは普通のことです。

今の日本では銀行預金でお金は増えないですが、お金が増えていく性質そのものには変わりないので、それを利用しない手はないわけです。

投資はメンタルが最も重要

この投資という行動は、メンタルが非常に重要です。

まさに、アファメーションで鍛えられるポジティブな感情こそ投資では必要なことです。

投資をすれば損をすることも、利益を出すこともありますが、自分のブレない理想に近づいていくということが重要です。

投資していれば儲けたいとか、損したくないとかの感情に支配されますが、アファメーションすることでじっくりと腰を据えて投資に取り組むことができます。

投資で必要なことは忍耐であり、本当に儲かる投資というのはつまらないものです。

面白い投資とは、結局ギャンブル性が強いので、誰しもが勝てるといった類のものではありません。

そして、そのつまらない投資を耐え抜くのに必要なのが、アファメーションによるポジティブな感情です。

投資をしていると、こっちの方が儲かりそうだと悪魔のささやきが聞こえてきますが、結局リスクとリターンは比例しているので、儲かりそうの裏側にはリスクが高いという現実が隠れています。

確かに、世の中にはハイリターンミドルリスクぐらいの美味しい投資がありますが、投資初心者がいきなりそれに出会えるなんてことはまずあり得ないです。

投資を始めたら、先ほど説明した要領で投資のアファメーションも並行してやっていくと、お金持ちの理想へと加速していくことができるはずです。