株にせよ、FXにせよ、投資に面白さや楽しさを求めてしまうと多くの方は失敗します。

私自身、失敗した投資はたいていがこれに該当していました。

これは、儲かる投資はつまらなく、面白い投資はただのギャンブルが真理だからです。

儲かる投資はつまらない

投資家が損をする理由

相場の世界では9割の投資家が負けていて、勝っている投資家は1割程度なんて話がよく言われます。

でも、株でもFXでも、基本的に投資はゼロサム(全体の利益と損失の合計がゼロ)です。

つまり、確率的には勝てる人と負ける人が5割ずつぐらいになるのが通常です。

それにも関わらず、なぜここまで勝てる投資家が絞られてしまうのでしょうか。

私見ではありますが、その理由はそもそも人間というのが確率的に言えば誤った判断をしてしまうように作られているからだと思います。

例えば、A商品が10%の確率で100万円で購入、90%の確率で無料になるプラン①と、単純に9万円支払うプラン②だと、皆さんはどちらを選ぶでしょうか。

直感的には多くの方はプラン①選ぶと思います。

多くの方は、9万円の支払いより90%も0円にできるなら、そっちの方がお得そうだと感じてしまうわけです。

でも、実は期待値で言えば、プラン①は-10万円、プラン②は―9万円なので、プラン②の方が有利なのです。

このように、人間の感覚は宛にならないものにも関わらず、多くの方はここぞというときに、自分の勘に頼った結果、損をしてしまうのが現状ではないでしょうか。

人間の判断力がいかにいい加減なのかという話をしていくと本筋から逸れてしまうため割愛しますが、もしご興味ある方は下記を参考にして下さい。

なぜルールを守れないのか

一般的には、投資では自分なりのルールを作って、そのルールに忠実にトレードしていくのが良いとされています。

この考え方自体には、投資歴が1年以上ぐらいの投資家さん達であれば、皆さんご賛同戴けるのではないかと思います。

しかし、上述したように、ここぞというときには、そのルールを忘れ去ってしまい、自分の勘に頼り出してしまうわけです。

そして、多くの投資家が自分のルールを守れない理由は、ルールを忠実に守り淡々とトレードするというのは物凄くつまらないからです。

暴騰する成長株を横目に、自分は数千円の小銭を積み重ねたり、ひたすらコツコツ積み立て投資しているだけなんて、めちゃくちゃつまらないわけです。

だから、人間というものはスリルを求めて、自分のルールという殻を破って飛び立つわけですが、ルールという安全圏を飛び出した我々は、機関投資家というプロたちにとって絶好のカモになってしまいます。

私自身、自分のルールを破って投資対象として適格ではない成長株を掴んでしまったり、ロットを大きくしてトレードしたりした結果、大損してきた後悔だらけの過去があります。

面白い投資はギャンブル

人間はリスクとスリルが大好き

人間はリスクとスリルが大好きな生き物です。

リスクやスリルのあることをしていると、脳内麻薬とも呼ばれるドーパミンが大量に分泌されます。

我々は、このドーパミンを感知すると面白い、楽しいと感じるようにできています。

例えば、投資で100万円投資して、ドキドキしたスリルを味わいながら、1週間足らずで10万円もの大金を手に入れたという経験をしたとしましょう。

そうすると、我々の脳内では大量のドーパミンが分泌されるわけですが、投資をしなければこのドーパミンはすぐ切れてしまいます。

ゆえに、あの時の興奮をもう一度と思い、再度同じようなリスクを取って投資します。

損をした場合でも損した分を取り返そうと投資を繰り返します。

そうしていくうちに、もっと刺激を求めて今までよりもロットを大きくして、さらに大量のドーパミンが脳内を駆け巡らすというわけです。

このように、人間はリスクとスリルが大好きだし、それに依存しやすいものです。

ハイリスク投資は戦場

そもそも、ハイリスクな投資の何が悪いのかという話をしていきます。

リスクとリターンというのは比例していくものなので、通常ハイリスクであれば、ハイリターンが見込めるという意味では投資そのものは悪いものではないです。

しかし、ハイリターンが見込める市場には、当然本物のプロが参戦してきます。

人類みなお金が大好きなので、ハイリスクハイリターンな市場は本物の戦場と化します。

機関投資家と呼ばれる人たちは、最新のAIや設備で超高速トレードしたり、個人投資家が取れない情報をもとにトレードしたり(経営者に直接ヒアリング、プロ同士の情報交換)、などで個人投資家では太刀打ちできません。

つまり、ドーパミンが大量に分泌されるような面白い市場(ハイリスクハイリターン)では、個人投資家が手を出しても損をする可能性が極めて高いのです。

機関投資家が作るトレンドに素直に乗るべしなんて良く言われますが、私としてはそもそも機関投資家の土俵でトレードするべきではないと思います。

ギャンブル投資から抜け出すには、まず認めること

面白い投資はなぜハマるのか、なぜ儲からないのかを説明していきましたが、理由が分かったところでこうしたギャンブル投資から抜け出すのは難しいものです。

一般的な、パチンコや競馬などのギャンブル依存から抜け出すための対処療法は、まず自分が依存状態にあること、周囲に迷惑をかけることを認めることが重要だと言われています。

投資に置き換えて考えてみると、このやり方をしていても絶対に損することを理解するのが重要です。

私の場合は、物凄い損失を出した結果気付きましたが、皆さんにはそうなる前に気付いて戴ければなと思っています。

投資で儲けるためには、コツコツとつまらない投資を続けていくしかないのです。

私もそうだったので分かりますが、一獲千金、一発逆転とか狙いたい気持ちを抑えて、つまらない投資をやることが投資における必勝法だと考えます。

つまらない投資(儲かる投資)とは

つまらない投資とは

面白い投資は儲からない、儲かるのはつまらない投資です。

と言いつつ、結局何したらいいの?という感じになってしまう方もいらっしゃると思うので、具体的な投資手法を紹介していきます。

ちなみに、「面白い投資は儲からない、儲かるのはつまらない投資」というのは投資の真理に近いと思うので、ぜひ心に留めておいて下さい。

ご自分がやってきたトレード(特に損をしたもの)で、振り返ってみても気付きがあると思います。

つまらない投資のポイントは、アービトラージや分散投資などで低リスクな投資にして、コツコツ日銭を重ねていくということです。

積立投資

積立投資とは、あらかじめ決めた頻度と金額で、コツコツと投資していく方法です。

例えば、毎月3万円ずつ投資していくみたいな感じです。

上述したプロスペクト理論の克服方法の「あらかじめルールを決めておく」の究極系と言える方法です。

プロスペクト理論は売買するという選択において出てくる心理なので、損をしようとも、利益がでようとも、気にせずコツコツ積み立てていくことで、プロスペクト理論を完全に無視することができます。

では、一体何に積立投資すれば良いのかという話ですが、私は米国株をおすすめします。

米国株はおおむね右肩上がりで推移しており、積立投資するならば最適に投資対象と言えます。

また、FTSE100に投資して、配当生活を目指してみるというのも良いかもしれません。

FTSE100というのはイギリスの株価指数のことで、CFD取引というサービスを使えば、日本にいながらイギリスの株価指数へ投資することができます。

アービトラージ

アービトラージとは、無リスクで市場のゆがみから利ザヤを抜く投資手法です。

この投資の良いところは、基本的には価格変動リスクを取ることは無いので、プロスペクト理論のリスク回避や損失回避という思考に至らないということが挙げられます。

とは言え、アービトラージってどうやるんだよって感じだと思います。

そんな方へ私はスワップのサヤ取りをおすすめしています。

この方法ならば両建てして価格変動リスクは無くなるので、プロスペクト理論で我々が間違った選択に導かれることもなくなります。

世の中には、たくさんの投資法があるので、自分と相性が良い投資に取り組んでみれば良いと思います。

まずは何か行動して現状を変えてみるのが大切です。