優待クロス取引は儲かるの?驚きの利回りとそのやり方

お得な株主優待をさらにお得に取得する魔法の手法、優待クロス取引(つなぎ売り、優待タダ取り)を紹介していきます。

あまり語られないのですが、資金効率を意識して取り組めば年利換算すると利回り30%を余裕で超える銘柄がゴロゴロあるので、非常に儲かる手法です。

特に、投資初心者におすすめできる簡単な手法なので、もし銀行に眠っているお金があれば、検討してみる価値があると思います。

10秒で分かる本日の概要
  1. 優待クロス取引は1%強ぐらいの利回りが一般的だが、資金拘束期間が短いので年利換算で30%近い利回り
  2. 逆日歩がつかない一般信用を使えば、初心者でも誰でもノーリスク(手数料のみ)での優待取得が可能
  3. 手順はシンプルに証券口座開設して、信用口座を開設するだけでOK

株主優待クロス取引(つなぎ売り)とは

株主優待とは

株主優待とは、企業が株主に対して、自社製品や金券、食品などを提供する株主還元策の一つです。

日本独自の文化で、アメリカなど欧米ではこのような制度を実施している企業はほぼ皆無です。

株主優待を取得するためには、企業が設定している条件(保有株数など)を権利確定日までに満たす必要があります。

例えば、優待が人気のマクドナルドなら、3月末もしくは9月末の3営業日前までに100株保有していれば、バーガー類、サイドメニュー、飲物がセットになった優待券を6枚もらえます。

カゴメなら、6月末時点で100株を6か月以上保有していれば、2000円相当の自社製品がもらえます。

このような取得条件は、企業ホームページや証券会社が提供してくれる企業情報に書いてあることなので、誰でも簡単に調べることが可能です。

株主優待クロス取引(つなぎ売り)とは

通常、株の売買には価格変動リスクを伴いますが、クロス取引(売りと買いを同時に入れる)によって、価格変動リスクを回避して株主優待を取得する手法です。

優待タダ取り、つなぎ売りとも呼ばれます。

やり方は簡単で、株主優待を取得するためには現物株で持つ必要がありますが、現物株購入時に信用空売りも入れることで、売りと買いのポジションを持っている状態にして権利確定日を迎えます。

これによって、いくら価格変動しても、売りと買いで発生する損失と利益は同額となるため、売買手数料のみで株主優待を取得することが可能です。

優待タダ取りなんて呼んでいますが、手数料はかかってしまう点はご注意下さい。

もちろん、手数料が数百円~千円弱で、数千円~1万円弱の優待を取得することができるため、お得な手法であることは間違いありません。

実際に儲かるのか(費用と利回り)

この手法がお得と言っても実際のところピンとこないと思うので、もう少し具体的に説明します。

発生する費用は、①現物買いの手数料②空売りの手数料③貸し株料の3つです。(後述しますが一般信用取引で取引するのがセオリーなので、その場合の発生費用です)

概要 SBI証券の場合 GMOクリック証券の場合
①現物買いの手数料 現物を買うときに発生する手数料 10万以下:97円
20万以下:113円、他省略
10万以下:95円
20万以下:105円、他省略
②空売りの手数料 信用売りをするときに発生する手数料 10万以下:97円
20万以下:145円、他省略
10万以下:96円
20万以下:140円、他省略
③貸し株料 信用売りで株を借りている期間発生する金利 信用建て玉に対して
年利3.9%(日割り計算)
信用建て玉に対して
年利3.85%(日割り計算)

ちなみに、現物売りと空売りの買い戻しの手数料については、現渡しという処理をするので売買手数料は発生しません。なので、かかる費用は上記3つだけです。

これを基に、吉野家の株でクロス取引をしてみたとします。

取得金額は100株で172,000円(19年5月8日時点)となり、SBI証券で権利確定の14日前に取引した場合の必要コストは113円+145円+(172,000円×0.039×14日÷365日)=515円です。

もらえる優待は、吉野家グループで使える300円金券10枚(3000円相当)です。

つまり、515円のコストで優待3,000円相当が取得可能なので、2,485円の利益が出ます。

172,000円を14日間投資しただけで、1.44%の利回りなので、年利換算すると37.54%となります。

もちろん、投資金額や保有期間によりパフォーマンスは変動するので、一例としてみて下さい。

いずれにせよ、株主優待のクロス取引がお得と言われるイメージは掴めるのではないでしょうか。

株主優待クロス取引のやり方

まずは証券口座を準備して下さい

株主優待は株式を保有しないともらえないということは上述した通りですが、この株式を買うためには証券会社で口座を開設する必要があります。

野村證券や大和証券など、誰でも名前を聞いたことがある大手証券会社でも良いのですが、今はネット証券の方が手数料が安かったり、色々とサービスが充実しています。

株主優待のクロス取引を始めるにあたり、まずはGMOクリック証券をおすすめします。

慣れてきたら、複数の証券会社を使うのもありですが、管理するのも大変なので、まずは1社に決めてやってみるのが良いかと思います。

何でおすすめなのかという話は詳しく後述してあるので、後ほどご覧下さい。

次に信用取引口座を開設して下さい

上述したように、この手法では信用売りをする必要があります。

証券口座を開設しただけでは、信用口座は開設されていないので、証券会社の信用取引ページから信用口座の開設を申し込んでおいて下さい。

口座開設には数日かかることが一般的なので、いざクロス取引をやろうとしたら信用口座開設してなかったとならないように、証券口座開設したらすぐに信用口座開設もやっておいて下さい。

ちなみに、信用取引には一般信用取引と制度信用取引と呼ばれる2つがあります。

制度信用取引は証券取引所がオフィシャルに提供しているサービスで一般信用と比べて貸し株料が安い(SBI証券、GMOクリック証券だと1.15%)ので、一般信用取引よりもメジャーです。

ただし、優待のクロス取引で使うと逆日歩と呼ばれる恐ろしい手数料が発生する可能性が高いので、一般信用取引を使うようにした方が良いです。

信用取引口座を開設すれば、どちらの取引もできるようになり、注文するときにどちらか選ぶことになるので、間違えないようにして下さい。

あとは、優待銘柄を売買するだけです

始めるための準備はこれだけで、あとはクロス取引したい銘柄を現物買い、一般信用売りして権利確定日まで両建てすればクロス取引完了です。

手数料がもったいないので、権利落ち日に両建てを解除するのを忘れないようにして下さい。

この手法で一番の難関は、一般信用売りの数には限りがあり、売りたい人(クロス取引したい人)が多いと在庫が品切れになってしまうことです。

人気優待は早めにクロス取引しないといけないし、人気のない銘柄は直前まで粘って手数料(貸し株料)を少しでも少なくすると資金効率が良くなります。

ここらへんの駆け引きは、慣れていくしかありませんが、優待が多い3月、9月、12月とかならば、初心者でも、何かしらはお得な銘柄がゲットできると思います。

株主優待クロス取引ならGMOクリック証券がおすすめ

取引コストが安い

さすがに業界最安水準と言うだけあって、手数料が安く設定されています。

特にクロス取引では、もらえる優待額が当初より増えることは無いので、この手数料をいかに安く済ませるかが、パフォーマンスを上げていく鍵になってきます。

GMOクリック証券は、手数料については申し分のない会社です。

また、後述しますが、さらに手数料を安くする裏技があるので、最後まで読んでみて下さい。

一般信用売りの在庫数が豊富

優待のクロス取引をしようとすると、本当に一般信用売りの在庫が無くて泣かされることが多いです。

最近は、クロス取引がメジャーになってきたので、参加者が増加して争奪戦はますます激しさを増しているように感じます。

ただ、在庫が無い本当の原因はクロス取引ではありません。

人気優待の場合、権利落ちで株価が下落します。例えば、クオカードやら人気飲食店の金券などは、ほとんど現金と変わらない価値があります。

配当金落ちという現象があるのに、優待で株価下落しないはずがないのです。

空売りすれば利益が出るのですが、通常はその代わりに逆日歩というコストが発生するので、空売りする人は多くありません。

一般信用売りでは、その逆日歩が発生しないとなれば、手堅く儲かるので在庫数が尽きるまで空売りしたいという人が現れるわけです。

GMOクリック証券では、一人の投資家が空売りできる株数を制限しているので、上記のような大量の空売りを避けることができ、他社と比べると結構在庫が残っていることが多いです。

GMOグループの株主優待を活用すればさらにお得

最後に、GMOグループは数社が上場しており、各社株主優待を実施しているのですが、その中に売買手数料をキャッシュバックしてくれるものがあります。

これを活用すれば、もともと安い手数料を更に抑えることが可能となります。

銘柄(証券コード) キャッシュバック金額(半期ごと)
GMOインターネット (9449) 100株以上:5,000円
GMOフィナンシャルホールディングス (7177) 100株以上:3,000円 300株以上:5,000円 500株以上:7,000円
1,000株以上:10,000円 3,000株以上:13,000円 5,000株以上:15,000円
GMOアドパートナーズ (4784) 100株以上:3,000円
GMOクラウド(3788) 100株以上(6ヵ月以上継続保有):3000円
GMOペパボ(3633) 100株以上:1,500円 200株以上:3,000円

5社紹介しましたが、特にマーカーを引いた3社が優待利回り10%超なので、100株ずつ保有しておけば、半期で11,000円、1年間で上限22,000円での支払った手数料分だけキャッシュバックを受けられます。

売買手数料で22,000円も使うのは、逆に大変だと思います。

ということで、優待のクロス取引を始めるなら、GMOクリック証券を選ぶのが最も効率的です。

GMOクリック証券の詳細はこちらからどうぞ!

株主優待のクロス取引はリスクも低く、それなりの利回りが見込めるので、銀行に預金が眠っている方は今すぐ始めた方がいいですよ(´・ω・`)