投資を始めたばかりの方は、どうしても儲けるテクニックに目が行きがちです。

でも、実は本当に重要なのはメンタルコントロールです。

結局、素晴らしい投資手法を手に入れても、勝率100%の手法なんて無いし、一時的に含み損になってしまうこともあります。使う人間の精神が弱ければ、使いこなすことは難しいというわけです。

そんなメンタルの鍛え方について自分自身が実践してきた方法を紹介していきます。

投資で重要なのはメンタルコントロール

なぜメンタルが重要なのか

投資においてメンタルが最も重要なんて大それたことを書くと、本当かなと思う方も多いと思います。まずはここの話からしてきます。

人間はいざという時に合理的な選択をできない生き物です。

例えば、A商品が10%の確率で100万円で購入、90%の確率で無料になるプラン①と、単純に9万円支払うプラン②だと、皆さんはどちらを選ぶでしょうか。

直感的には多くの方はプラン①選ぶと思います。

多くの方は、9万円の支払いより90%も0円にできるなら、そっちの方がお得そうだと感じるわけです。

でも、期待値で言えば、プラン①は-10万円、プラン②は―9万円なので、プラン②の方が有利なのです。

これはプロスペクト理論と呼ばれる心理現象ですが、似たような話はいくつかあります。

なので、投資には自分なりのルールを作ることが大切だなんて言われるわけです。

ルールが大事というのを知っている方は多いかもしれませんが、現実問題としてそれでも投資で勝てる人は少ないです。

これは、すごく単純な話で、そのルールをきちんと守っていないからです。

なぜルールが守れないかと言うと、精神力が弱いからなのです。

つまり、テクニックやノウハウ以前に、それを使う自分のメンタルを理解して鍛えないと、学んだ手法や知識を正しく使うことができずに投資で勝つのは難しいというわけです。

人間は強欲な生き物

人間が欲深い生き物というのは皆さんが知るところだと思います。

実際に、投資の世界においても、この欲深さは誰しもが持っています。

お金を儲けたい、増やしたいと思っているから皆さんは株式投資にせよ、FXにせよ、始めてみようと思ったはずです。

この欲望は投資を続けていくにはモチベーションになる一方で、トレード自体には邪魔になります。

例えば、株式投資で保有ポジションに10万円含み益が出ていたら、早くこの利益を確定してしまいたいという欲求ともう少し粘って資産を増やしたいという欲求の間で揺れ動くことになります。

トレードにおいては、上記2つの欲求はどちらも邪魔にしかなりません。

重要なことは確率的にどちらに動く可能性が高いのかです。

そして、たとえ予想が外れても間違った理由を分析して次に活かすということも大切なことです。

文字で書けば、まあその通りだなと思って戴けると思いますが、これを冷静に実行しようとすると物凄く難しいわけです。

人間は臆病な生き物

上述した話と合わせて、人間は臆病な生き物でもあります。

自分の胸に手を当ててみれば、思い当たるところはいくつかあるのではないでしょうか。

実際に、相場の世界においても、投資家は損失をとても恐れています。

これ自体は当たり前のことなんですが、損失を恐れるあまりに冷静な判断ができなくなることもあります。(ここらへんの話は上述したプロスペクト理論で説明することもできます)

これだけ聞くと強欲で臆病って最悪だななんて思うかもしれませんが、人類が進化する過程でそういう遺伝子が生き残りやすかったわけです。

冷静に考えてみれば、欲張りで自分の権利を主張しつつ、危険になったら逃げるということは生き残る上では重要ですよね。

ちょっと大げさに言えば、お人好しは他人に利用されて、勇敢な人間は戦って死んでいくわけです。

とりあえず、進化の過程でこういう遺伝子が生き残ってきたというのは仕方がないことで、我々もほぼ確実にそのDNAが組み込まれているわけです。

メンタルコントロールのコツ

メンタルをコントロールすると言っても、内から変えるか、外から変えるかという2つのアプローチがあります。両サイドからのアプローチを考えていくのが重要です。

内から変えるというのは、自分の内面から変えていく、つまり精神力を強化してどんな場面でも冷静に判断できるようにしていきます。

外から変えるというのは、周囲の環境や仕組みを変えて、メンタルが影響しにくい環境を作り出していくというアプローチです。

ここからは2つのアプローチについて、どんな方法があるのかを紹介していきます。

様々な投資の勉強をしたけど投資で勝てないという人は、メンタルがコントロールできるようになるだけで、勝てるようになることもあります。

ここで紹介していることを取り入れるのは、そこまで難しいことではないと思うので、ぜひ実践してみて下さい。

精神力の鍛え方(内から変える)

睡眠の質を向上させる

精神の安定と質の高い睡眠には相関性があります。

なんとなくのイメージとして、寝不足の人はいつもいらいらしているし、しっかり睡眠をとっている人は活動的になりますよね。

実際に、ホルモンバランスという面で見ても、質の高い睡眠をとることによって、適切なタイミングで適切なホルモンが分泌されるようになるので、外部からストレスにさらされても精神が安定している状態を保つことができるというわけです。

投資を始める前に、まずは睡眠の質向上に取り組んでみるのはいかがでしょうか。

そもそも健康的になるし、メリットしかありません。

具体的な方法は下記をご覧下さい。日光浴や運動、食事などの話なので、紹介している方法のほとんどが簡単に無料で実践できることです。

毎日瞑想を取り入れる

上述した睡眠の質向上にも効果があるのですが、精神を鍛える効果もあります。

具体的な方法としては、5~10分ほど落ち着いて深呼吸する時間を取ってみて下さい。

思いっきり息を吸って、ゆっくり吐くを繰り返すことで、リラックス状態をつかさどる副交感神経の働きを活発にできることが分かっています。

これにより、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの分泌を抑えることができるので、ストレスが軽減され精神を安定させることができます。

トレードを始める前に、瞑想の時間を取るようにすれば、メンタルをきちんとコントロールした状態でトレードに臨むことができるようになります。

投資仲間をつくる

仲間がいると、自分との比較対象ができるので、お互い切磋琢磨して成長することができます。

投資においては精神的な成長が不可欠なので、仲間と一緒に精神も鍛えられていきます。

仲間は自分を客観的にみてくれる人になるので、非常に有効であると言われています。

なかなか、自分のことを客観視するのは難しいものです。

今は調子が悪いとか、流れが悪いとか、客観的に仲間から忠告を受けることができれば、すんなり受け入れられたりします。

また、仲間がいるとモチベーションにもつながるので、おすすめしたい方法です。

仲間は数が多ければ良いというものではなく、数人で良いと思います。

仲間が見つからないという方でも、定期的にセミナーなどに顔を出していれば、一人や二人顔なじみができると思うので、思い切ってその方と飲みに行くなど交流してみて下さい。

投資仲間なんて言っていますが、友達作りと一緒です。たいてい相手も友達を探しています。

メンタルコントロールする方法(外から変える)

トレードのルールを作る

よく言われることですが、自分なりにトレードのルールを作ることは必ずやって下さい。

冷静な時に時間をかけて作ったルールと、その瞬間の自分の勘、どちらが頼りになるかという話です。

当然、素晴らしいルールというのを最初から作るのは難しいと思いますが、実践で試しながら改善していくことによってその精度は上がっていきます。

自分のルールが信じられるようになれば、どんな場面であっても冷静にルール通りのトレードを心がければ良いだけです。

常に難しい判断を迫られるストレスのかかる環境で冷静に対処し続けるのは、どんなにメンタルを鍛えていても難しいので、このようなルール作りは絶対に必要です。

資金管理を徹底する

皆さんは、数千円ぐらいの損益であれば冷静にトレードして勝ちを積み上げられるのに、数万円、数十万円と金額が上がっていくと冷静な判断ができなくなる経験をしたことはないでしょうか。

これは、自分がコントロールできる金額を超えてきたときに起きる現象です。

手取りで月20万円の給料のサラリーマンが、株で50万円損したら2.5か月分の給料が吹っ飛ぶわけです。

当然、正気を保てるわけがありません。

著名なトレーダーが書いている書籍などを参考にすると、だいたい自分の資金量の2%が許容範囲だと言われています。

ポジションの2%ではないので勘違いしないで下さい。

資金管理とは別に、分散投資もリスク回避として基本中の基本なので覚えておいて戴きたいのですが、100万円の資金があったらA株に20万円、B株に20万円みたいな感じで資金を振り分けていくと思います。

つまり、100万円の2%なので2万円、20万円のポジションなら10%ぐらいが許容範囲となるわけです。

資金量を調節して損益が自分のコントロール内に入ってくるようにトレードすると、精神的にも追い詰められる場面は少なくなります。

外部情報は遮断する

外部情報を入れすぎると判断に困ってしまいます。

人間は選択肢が多いと迷ってしまう生き物です。

そして、多くの方は間違った選択肢を選んでしまうわけです。

自分が信じる分析方法やファンダ情報に基づいてトレードしたのならば、余計な情報はいれずに時が来るのを待つしかありません。

外部情報を入れても、悪い結果になる方が多いと思います。

今の時代、ツイッターやニュースアプリなどで簡単に情報が手に入ってしまうだけに、完全に外部情報を遮断するのは難しいですが、せめて自分から外部情報を取りに行くのはやめておいた方が良いです。

含み損になった時、ポジティブなコメントを探し出して心の平静を保ってもその後の結果は何も変わらないので時間の無駄となります。

今あるポジションは当初決めたルール通りに運用していけば良いわけで、外部情報は遮断して自分のルールの改善したり、投資本を読んで新たな知識を得たりに時間を割いた方が良いです。