実は、ロボアドバイザーは初心者におすすめの投資ではありません。なぜならば、ロボアドバイザーは投資のめんどくさい部分を省いて初心者でも誰でも簡単にできるように見えるだけで、本当に儲けるために難しい部分は自分で決めなければいけないからです。

もちろん、色々やった最終的な結論が長期投資でコツコツ積み立てということならば、ポートフォリオの一部に入れるのも悪い選択肢ではないと思います。

ただ、ロボアドバイザーよりもリスクが低くて期待利回りも高い投資法があるとしたら、それを知らないのももったいない話です。後で失敗や後悔しないためにも、他の投資法と比べて、ロボアドバイザーで本当に良いのか考えてみてはいかがでしょうか。

ロボアドバイザーとは|手数料や投資信託との違い

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーは、ネット上で簡単な質問に回答することで、投資診断や運用アドバイスをしてくれるサービスのことです。ロボアドと略されることもあります。

ロボアドバイザーには、投資対象や資金バランスなどの提案をしてくれる「アドバイス型」、完全に手離れして運用までやってくれる「一任型」というものがあります。一般的には、ロボアドバイザーというと一任型をイメージする方が多いと思いますので、今回はそちらに絞ってお話していきます。

ちなみに、アドバイス型は、SBI証券(SBIファンドロボ)、楽天証券(ロボのぶくん)、松井証券(投資工房)、SMBC日興証券(ファンドアイ)など、各証券会社が提供しているおまけサービスで、あくまでも売買するのは自分だし、無料で利用できるので、興味がある方はご自分の証券会社を覗いてみて下さい。

ロボアドバイザーと投資信託の違い

ロボアドバイザーと投資信託の違いは多くの方が最初に思う疑問です。確かにどちらも資金を渡して運用を委託するという点では似たようなサービスですからね。

ロボアドバイザーと投資信託の最も大きな違いは、ポートフォリオの多様性です。ロボアドバイザーの場合、複数の投資信託を組み合わせて運用することが多いので、結果的に株式、債券、不動産、金など様々な投資対象に分散させた運用ができます。自分で投資信託を分散させればできそうですが、各リスクを考慮した分散投資や定期的なリバランスまで自動でやってくれるという点でロボアドバイザーの方がはるかに簡単で効率的な選択と言えます。

その他にも、手数料や最小投資額に違いがありますが、それは後述していきます。

ロボアドバイザー比較(手数料、最小投資額)

ロボアドバイザーと言っても世の中にリリースされているサービスがいくつかあるので、それぞれどんなサービスなのか比較してみます。

サービス名 特徴 手数料 最小投資額 投資対象
投資信託(参考) 売買:0~3% and
信託:0.5~2%
100円
楽ラップ
(楽天証券)
暴落時にリスクの高い株式のポジションを少し減らす「下落ショック軽減機能」が選択可能 投資額×0.65% or
投資額×0.55%
+運用益×0.50%
10万円 投資信託
WealthNavi
(ウェルスナビ)
資金量や投資期間により手数料がさらに安くなるプランを用意しています 投資額×0.5~1% 10万円 ETF
THEO
(テオ)
資金量や投資期間により手数料がさらに安くなるプランを用意しています。ウェルスナビよりも手数料はお得です。 投資額×0.5~1% 1万円 ETF
ダイワファンドラップ 主要都市のほとんどにオフィスがある大和証券窓口での相談が可能 投資額×1.0% 50万円 投資信託

証券会社が提供するサービスや独立系などありますが、手数料は安いけど、最小投資額が高いのがロボアドバイザーというイメージです。

ロボアドバイザーのメリット

上述した話と重複するところもありますが、ロボアドバイザーのメリットをまとめると、様々な投資対象を組み合わせることによって、最適なリスクとリターンの割合で投資をするということを自動でやってくれ、かつ定期的にリバランスまでやってくれるところにあります。

最適なリスクとリターンという表現は少し難しいかもしれませんが、例えば1銘柄の株式に100万円投資するよりも、10銘柄に10万円ずつ投資した方が、倒産リスクも回避できるし、物凄く儲かることは無くなるかもしれないけど、リスク(価格変動)は抑えられるというものです。つまり、いくつかの資産に分散投資することで、リターンとリスクを調節することができるのですが、その中で最も効率的な配分というのがあり、それを最適なリスクとリターンと表現します。

この配分は金融工学と言うノーベル賞を取った理論で裏付けられています。機関投資家でもない限りそこまで理論的にリスク分散するのはベテラン投資家でも難しいのですが、それを自動でやってくれるサービスなので、初心者におすすめと言われる理由にも納得です。

ただし、このメリットはあくまでも長期投資で積み立てていく場合の世界でしか議論していないことに注意が必要です。

皆さんの投資をする目的は何でしょうか?投資することが目的ではなく、資産運用でお金を増やしたいというのが目的ではないでしょうか?

であるならば、もう少し視野を広げてみると良いかもしれません。

ロボアドバイザーはおすすめしない理由

価格変動リスクは変わらない

ここが最も重要なところですが、ロボアドバイザーで運用しようが、価格変動リスクがあるということを理解しておく必要があります。要するに、損をすることもあるということです。利益が出るか、損が出るかは神のみぞ知るという状態です。

投資において重要なことの一つとして、きちんと損切りすることで暴落による大損を回避することが挙げられますが、初心者の方にそこまでの対応能力があるでしょうか。

実際に、18年度末の世界同時株安では、ロボアドバイザーの運用成績が軒並みマイナスになりました。結局、一時的な下げで終わったので、大きな話題にはなりませんでしたが、リーマンショック級の暴落がきたら為すすべなく資産が半分になってしまう可能性もあります。

ベテラン投資家であれば、その前に気付いてポジションを決済できる可能性もありますが、ロボアドバイザーに任せっぱなしの初心者の方がすぐに損切りできるかと言えば、おそらく難しいのではないかと思います。この感覚は、自分で考えて、トレードしてみない限り培われることはありません。

ロボアドバイザーはたいしたことはやっていない

これまでの話と矛盾しないかと思われる方も多いかもしれませんが、結局ロボアドバイザーは計算で算出される資産配分で自動運用しているだけに過ぎません。それ以上でもそれ以下でも無いのです。誰がやっても、結果が同じになるようにできています。

分散投資自体は大切な概念ではありますが、金融工学などの計算に基づいて理論的に投資することの重要性がどれだけあるのかは疑問です。

ロボアドバイザーの資産運用先は投資信託やETFに絞られています。ある程度経験を積んでくれば、個別銘柄やJ-REIT、為替、先物など様々な投資先がある中で、わざわざ手数料払ってまでロボアドバイザーを使う理由は無いかと思います。

資金管理や売買タイミングを決めるのは自分

結局、自分の資産の中でいくらロボアドバイザーで運用するか、いつ始めて、いつ止めるのか、というのを決めるのは自分です。上述した価格変動リスクの話と重複しますが、投資で難しいのはそういったリスク管理の部分です。

たまに例外もありますが、市場がポジティブならどんな銘柄を買っても儲かるし、ネガティブならどんな銘柄を買っても損をするようにできています。

いつ運用を始めて、どこで止めるのか、資金管理はどうするのか、を考えておかないと、とんでもない暴落が来た時に損失額が膨らんでしまい、ショックと驚きの中で損切りをして、ロボアドバイザーなんてやらなければ良かったと後悔することになりかねません。

そうならないためにも、初心者の方には、簡単に始められる投資ではなく、リスクが低い投資の方がおすすめです。価格変動リスクが無いリスクの低い投資から始めてみるのが良いと思います。

初心者が失敗しない投資法とは

初心者が避けるべきは価格変動リスク

上述してきたように、初心者が避けるべきリスクは価格変動リスクです。それは、長期投資だろうが、短期投資だろうが関係ありません。

まず、初心者は相場に慣れ、金融投資の仕組みを理解していく必要がありますが、別にわざわざ損失を献上する必要もありません。価格変動リスクを回避したトレードを通して、金融投資に触れ合い学ぶことができれば、それこそ最強ではないでしょうか。

結局、トレードにおいて難しいのは、売買ポイントをどうするか、資金管理をどうするか、ポジションを持ってからのメンタルコントロールなど価格変動が無ければ回避できることばかりです。

でも、普通の投資には価格変動リスクが付いて回るものです。上述したようにロボアドバイザーにも価格変動リスクがあるので、初心者が安易に手を出すのはおすすめではないのです。初心者の方なら、「株主優待クロス取引」と「スワップポイントのサヤ取り」から始めてみてはいかがでしょうか。

株主優待クロス取引

現物買いと信用売りで両建てすることで、価格変動リスクを完全排除して、株主優待をゲットする手法です。株主優待のタダ取りなんて呼ばれ方もされています。

この手法では、買いと売りの両建てをしているので、配当権利落ちなどで株価が下落しても、価格変動による影響は全く受けることはありません。ポジションを持っている期間は、私の場合2日~1.5週間ぐらいで、利回り1%~3%ぐらいの優待をゲットしています。月利で1%~3%なので、年利ベースではものすごい利回りになります。(ただし、優待が少ない月もあるので毎月高いパフォーマンスは出ません)

株主優待クロス取引の詳しいやり方や注意点は下記をご覧下さい。

スワップポイントのサヤ取り

こちらは、FXでポジションを持つとスワップポイントという利息みたいなお金のやり取りが発生します。このスワップポイントの金額が、FX業者によって異なっていることを利用した投資法です。

FXと言うと初心者の方だと不安に感じるかもしれませんが、上述したクロス取引と同じように買いと売りを同時に入れて価格変動リスクを排除しつつ、買いスワップと売りスワップの差額をゲットする投資法なので、ロボアドバイザーよりもはるかに低リスクです。

実際に、レバレッジ1倍で運用した場合の各通貨の利回りシミュレーションをご覧下さい。

通貨 買いスワップ(1万通貨) 売りスワップ(1万通貨) 利回り(年利換算)
ドル円(109.95円) +91円(SBI FXトレード) -69円(セントラル短資FX) 0.37%
ユーロ円(123.56円) -1円(DMM FX) +15円(みんなのFX) 0.21%
豪ドル円(76.97円) +45円(みんなのFX) -32円(DMM FX) 0.31%
NZドル円(72.53円) +41円(ライブスターFX) -25円(くりっく365) 0.40%
カナダドル円(81.94円) +50円(みんなのFX) -35円(DMM FX) 0.33%
スイスフラン円(108.65円) -10円(DMM FX) +30円(みんなのFX) 0.34%
南アフリカランド円(7.76円) +15円(LION FX -8円(セントラル短資FX) 1.65%
メキシコペソ円(5.75円) +15.5円(みんなのFX) -12.9円(くりっく365) 0.83%
トルコリラ円(18.28円) +110円(みんなのFX) -78円(GMO FXneo) 3.19%

比較すると、トルコリラ円が3.19%と断トツの利回りを誇っています。初心者の方であればレバレッジ3倍程度で利回り10%弱、慣れてきたら少しレバレッジを上げて5倍ぐらいで15%以上の利回りを狙っていくこともできます。こちらは1年中できるのでおすすめです。

やり方や注意点など詳しく解説しているので、良かったらご覧下さい。