お金を貯めるようと考えた時に、最初に考えるべきはその理由です。

一見なんとなくに思えても、そこには必ず何かしらの理由があるはずです。

それを明確にして、適切な目標を設定するということができれば、無駄な浪費も減らせるし、目標に向かって一直線でお金を貯めることができるはずです。

改めて、お金を貯める理由について考えてみませんか?

お金を貯める理由|目標設定の方法

目標が無いとお金は貯まらない

例えば、資格取得のスクール費用で50万円を貯めようと決意したとします。

このような明確な目標があれば、30万円貯まった段階で、頑張ったからご褒美にバック買おうとか思わないですよね。

逆に、特に何も考えずにやみくもにお金を貯めていたら、30万円貯めたら、5万円のバックなら買ってもいいよねとか妥協して無駄使いしてしまう可能性があります。

多くの人間は、明確な目標や目的が無ければそんなものです。

なので、明確な目標が無いと、お金はなかなか貯まらないです。

目標を設定する

というわけで、なぜお金を貯めたいのか理由を明確にしてみて下さい。

そして、理由が明確になったら、そのためにはいつまでにいくら必要という具体的な目標を設定してみて下さい。

この時に注意して欲しいのは、無駄に高い目標にし過ぎないことです。

理由は、投資のタネ銭でも、事業買収の資金でも、何でも良いと思いますが、とりあえず1000万円とか高い目標を立てるよりも、まずは100万円とか最低限の金額を目標に設定して下さい。

正直、100万、200万ぐらいなら目標が決まれば、簡単にお金を貯めることはできます。

達成したら、もう少し高いところに目標を持っていけば良いです。

現状把握と目標とのギャップ

次に、お金が貯まらない現状把握をしてみて下さい。

具体的には、収入と支出を振り返ってみて、毎月どれぐらい貯蓄できているのかということです。

これに対して、目標を照らし合わせると、ギャップが見えてきます。

目標に対して、毎月あとどれくらい貯金しないといけないのかということです。

あと毎月3万円貯金できるようになれば良いとか、具体的な数字まで落とし込んでみて下さい。

対策を検討する

目標とのギャップが見えたら、あとはそれを埋めるための方策を考えれば良いというわけです。

ほとんどの方は収入を上げるということは不可能だと思うので、支出を減らすという点で考えていくことになります。

具体的な話は、下記無駄遣いを減らす方法を紹介している記事を参考にしてみて下さい。

実際に、きちんと具体策を考えたら、それを実行に移せばよいだけです。

ちなみに、この考え方のベースになっているのは、KT法やQC手法と呼ばれるビジネスの世界で根付いている物事の考え方です。

人間というのは結論を急ぎ過ぎて、課題を挙げたらすぐに対策を考えだす習性があります。

これだと、抜け漏れが出てしまい有効な対策が導けない可能性が高いです。

なので、きちんと目標値とのギャップを認識することで、有効な対策を考えてみるようにして下さい。

私が紹介している方法以外にも、あなただけの特有の事情がきっとあると思うので、自分で考えてみるということが大切です。

きちんとした順序に沿って、自分なりの対策を練ってみて下さい。

目標設定とゴール設定の違い

目標設定とゴール設定の違い

最近、流行の言葉でゴール設定という言葉があります。

目標設定とは明確に意味が違うので、ここでは区別して使わせて戴きます。

ゴール設定というのは、今の自分では実現できない、つまり現状の外に設定するものです。

それに対して、目標設定とは、今の自分の延長線に見える、つまり現状から試行錯誤して改善していった先に設定するものです。

ゴール設定をして新しいチャレンジをするのはとても良いことだと思いますが、お金を貯めることに関して言うと予測の範疇を超えてしまうゴール設定だと達成は難しいかもしれません。

現状の繰り返しの先にあるもの、つまり目標設定にしておいた方が良いです。

ゴール設定するとお金は貯まらない

なぜ、ゴール設定ではお金を貯められないのか、という疑問があると思います。

それはお金を貯めるという行為が、本来そんなに難しいことではないからです。

お金というのは、収入を確保して支出を抑えれば自動的に貯まっていくものです。

なので、新しいチャレンジを伴うようなゴールを設定する必要が無いということです。

ゴール設定では、今までやっていたことではなく、現状を打破するために新しいチャレンジをしなさいと言われますが、むしろチャレンジという高い目標だと人間のモチベーションは続かない可能性が高いです。

それよりも、愚直に積み重ねていく姿勢の方がお金は貯まりやすいです。

しつこいかもしれませんが、お金を貯めていくという行為自体はそんなに難しいことではないので、変に難しく考えるとそれがストレスになって続けられなくなります。

現状を踏まえて、達成可能な目標設定が大切

ゴール設定の話が出てきて、少しややこしくなってしまいましたが、重要なことは自分にとって達成可能な目標設定をするのが大切です。

まずは、100万円、次は200万円、次は500万円、次は1000万円、徐々に目標を引き上げていくのが良いと思います。

1000万円という数字はゴール設定に近くなってきます。

つまり、最初から1000万円を目指さなくても、目標を引き上げていけばそれなりの金額を貯めることもできるということです。

そして、お金が貯まった方は、貯めたお金をさらに増やしていくことを考えてみて戴きたいです。

お金を増やす方法を紹介しているので、興味があれば覗いてみて下さい。

ただし、お金が沸いて出るような話ではないので、変な期待はしないで下さいね(´・ω・`)