現在の年金制度では老後に2000万円不足すると発表した金融庁が話題になっていますが、本当にそんなに貯めることができるのか。

日本の実態を踏まえつつ確認していきたいと思います。

最後に、一例ではありますが生き残るための術も紹介しておきます。

老後に2000万円不足と金融庁が発表

老後を豊かに送るためには2000万円不足する

6月3日に金融庁が公表した報告書で、現在の年金制度では、夫婦二人が95歳まで生きるには2000万円の貯蓄が必要とのセンセーショナルな内容であったことが話題になっています。

事実上、年金制度の崩壊を宣言したような内容なだけに、政界にもその衝撃が波及して政府は火消しで躍起になっている状況です。

そもそも、2000万円という数字がどこから来たのかというと、老後の収支として月マイナス5万と試算されており、5万円×12か月×30年で計算されているようです。

この報告書の賛否両論は置いておいて、いよいよ政府に頼っていてはいけない時代になってきたなという印象を受けました。

報告書の中では、金融投資を勧められており、我々は自分の資産は自分で守るということをやらなければいけないということを政府が言っちゃう時代なのです。

日本国民の平均貯蓄

年金がいかにふざけた仕組みかは、各方面で説明されていることなので、今更説明する必要は無いと思いますが、この年金だけだと2000万円赤字になるということに対して、日本国民はどれだけの貯蓄を持っているのか確認しておきます。

総務省統計局が発行している2018年の2人以上世帯の平均貯蓄額はいかとなります。

年代 資産額 負債額 貯蓄額(資産-負債)
40歳未満 600万円 1248万円 -648万円
40~49歳 1012万円 1105万円 -93万円
50~59歳 1778万円 683万円 1,095万円
60~69歳 2327万円 207万円 2,120万円
70歳以上 2239万円 104万円 2,135万円

この統計によると、実は日本国民(60歳以上)の平均としては2,000万円以上の貯蓄を持っているので、金融庁が示した2000万円赤字という数字に対して、大きな問題にはならないということになります。

実は、今回話題になった金融庁の報告書も良く読んでみると、そう書いてあります。

メディアが報じるニュース一辺倒で聞くのも怖いですね。

しかし、50歳以下の世帯だと貯蓄額はゼロどころかマイナスになっており、ここは大問題です。

果たして、この世代がこれから2000万円もの資産を築けるのかは疑問です。

しかも、今後の年金制度は、条件が悪くなっていくことが予想されるので、かなり心配になります。

本当に2000万円貯められるのか|家計の平均収支

次に、キャッシュフローということで、家計の平均収支についてみることで、本当に2000万円は貯められる数字なのか確認していきたいと思います。

総務省統計局が発行している2018年の2人以上世帯の平均収支となります。

年代 収入(可処分所得) 消費支出 収支(収入-支出)
40歳未満 434,585円 272,090円 162,495円
40~49歳 486,087円 323,954円 162,133円
50~59歳 511,894円 351,434円 160,460円
60~69歳 357,137円 296,724円 60,413円

月の収支で約16万円のプラスとなっており、年間で192万円の黒字になるというのが世の中の平均値ということになります。

やはり、老後の問題は以前から注目されており、家計の支出もかなり抑えられてきているのかもしれません。

いずれにせよ、40代の世帯では2000万円の貯蓄が必要ですが、10年ほどで貯めることができる数字なので、貯蓄することが十分可能な水準であり、そこまで心配はいらないということになります。

厳しい時代に生き残る術

これらは平均値の話です|現実はもっと厳しい

上述してきた内容に違和感を持った方もいるかもしれません。

自分はそんなに収入や貯蓄ないし、2000万円なんてとても貯められる気がしないと・・

それも当然の話で、総務省の統計データはあくまでも平均値です。平均値よりも低い方はたくさんいらっしゃるわけです。

特に、近年日本でも貧富の差が大きくなっており、孫正義のような金持ちも平均されていれば、50%よりも多くの方が平均値を下回って苦しい状況ということが言えます。

日本の現実は統計データ以上に厳しく、このままいけば多くの方が老後の家計が破たんしてしまう状況になってもおかしくありません。

でも、当たり前の話として自分はそこに該当したくない、なんとしても避けたいところだと思います。

なので、ここからは何とか資産を増やしていくための術についても説明していきます。

貯蓄額を増やすには投資が最短距離

この危機的状況を抜け出すための最短距離は投資です。

頑張って働いてお金を稼ぐことも尊いことなのですが、使われる側にいては資本主義社会においてお金を集めることはできません。

もちろん、公務員や大企業のサラリーマンなら平均以上に入れる(つまり、2000万円貯めて豊かな老後を暮らせる)と思いますが、そうでは無い方が多いはずです。

そこで、一番簡単に使う側になる方法が投資です。

自分を事業を起こすでも良いのですが、そんなの誰でもできるわけではないので、事業をやっている人に投資することでいくつもの事業をやっている状況を作り出すわけです。

最も身近な投資で言えば株式投資です。

これは最もシンプルで事業会社に投資しているわけです。

その会社の業績拡大に合わせて、自分のお金も増えていきます。

もちろん、世の中の投資は株だけではないので、詳細は下記をご覧下さい。

ゼロ金利政策の日本にいると実感できませんが、むしろ海外なら銀行預金で年利で3%ぐらいは増えるのは普通のことです。

今の日本では銀行預金でお金は増えないですが、お金が増えていく性質そのものには変わりないので、それを利用しない手はないわけです。

まずはタネ銭を作ろう

なんだかんだと言っても、元手となるお金が無いと始まりませんので、まずはお金を貯めるところから始めてみて下さい。

もちろん、すでにまとまったお金がある方は、今すぐ投資を始めて下さい。

小さな日常の改善でお金を貯める方法について説明しています。

そちらでも説明していることですが、お金を貯めようという感覚だとストレスになってしまい、なかなかお金は貯まっていきません。

何だか分からないけど、お金が貯まっていく仕組みを構築していくということが非常に重要となります。

タネ銭ができたら、私が紹介した方法でも良いし、他の方法でも良いのでぜひ投資を始めて下さい。

何事も新しいことをやるのは体力がいることですが、まず行動するのが大切です。