CDFのVIX投資売りを紹介します。

名前だけ聞くと物凄く難しそうな投資手法ですが、株やFXの売買などと比べて、様々な知識や経験を必要としているわけではなくシンプルな手法なので、最近投資を始めた方でも大丈夫です。

リスク管理さえ間違えなければ、ほぼ必勝に近い投資法だと思うので、始めは小さいロットで感覚を掴んでいって戴ければと思います。

CFDのVIX指数売り|価格調整額、キャピタルゲインで儲ける

CFD取引とは

CFD取引とは、実際に金融商品を受け渡すことなく売買差額のみをやり取りする取引です。Contract For Differenceを略したもので、差金決済取引とも呼ばれます。我々にとって最も身近な差金取引はFXと呼ばれる外国為替の売買です。やったことがある方なら分かると思いますが、FXは実際に通貨がやり取りされるわけではなく、決済時の差額でお金がやり取りされます。

現在、CFD取引の対象となる金融商品は、株価指数や金や銀、小麦などの資源、外国の個別銘柄など多岐にわたります。一般的に、FX以外の差金取引をCFDと呼びますが、本来の意味ではFXもCFDの一つに含まれます。

初めて聞く方にとってはイメージしにくいと思いますので、差金取引の例を簡単に説明していきます。仮に、金のコインを10,000円で買うとします。CFD取引ではこのタイミングで金銭の授受は発生しません。通常の取引では、このときに金のコインと1万円の交換が行われます。

その後、コインを12,000円で売ったとします。CFD取引では、ここで差額の2千円だけ受け取ることになります。通常の取引では、金のコインと1万2千円の交換が行われ、差額の2千円が利益となります。

つまり、差金取引でも通常取引でも結果(この例だと2千円が儲かるという点)は同じになるので、モノの交換はせずに売買した結果の差額(この例だと2千円)だけやり取りすれば良いよねっていうのが、CFD取引(差金取引)の基本的な考え方です。

CFDのメリット|レバレッジが使える

何のために、CFDなんてやるの?という話ですが、先ほどの例で考えると、1万円の金のコインを売買していますが、CFDだと実際にやり取りされた金額は2千円だけです。つまり、1万円持っていなくても、2千円あればこの取引が成立してしまうということです。売買する人の目的には、①金のコインを所有したい②金のコインを売買して儲けたい、という2パターンがあります。儲けたい人にとっては、少ない金額で同じだけの儲けが出せるCFD取引は非常に魅力的なのです。

実際に、CFDでは自分が持っている資金の数倍の取引を行うことができます。これを専門用語で、レバレッジと呼びます。FXやCFDをやっていたら、100%聞くワードなので覚えておいて下さい。簡単に言うと、レバレッジは自己資金の何倍の運用をしているかを示します。レバレッジ5倍と言えば、自己資金の5倍の金額を指します。

このレバレッジは、CFD取引の最大のメリットで少ない資金でも数倍に膨らませて大きい金額を動かせるので、それに合わせて大きな損益額を狙うことができます。当然、レバレッジを大きくすれば損する額も大きくなりリスクが高くなります。そこらへんの話は重要なので、後ほど説明します。

VIX指数売りとは

前置きが長くなりましたが、今回はCFD取引の中でもVIX指数について説明していきます。

VIX指数とは、アメリカの株価指数S&P500(ニューヨーク証券取引所に上場している企業の株価を平均化した指数)を対象とするオプションのボラティリティを指数化したものです。別名、恐怖指数と呼ばれており、相場の悲観度をあらわす指標として知られています。

VIX指数は非常に特徴的な値動きをすることで知られており、有事の際にだけ急騰して、普段は常に下降し続けるという特徴があります。計算式的にボラティリティ(変動幅)なので、数字が大きくなることもありますが、時間が経過すればゼロへと収束していくようにできているのです。

この習性を利用した取引がVIX指数売りという手法です。簡単に言うと、高値で売ってそのうち下がってくるのを待っているという手法です。下記は、VIX指数が上昇した主な記録です。

時期 出来事 VIX指数
1997年10月 アジア通貨危機 48.64
2001年9月 アメリカ同時多発テロ 49.35
2003年3月 イラク戦争 34.40
2008年10月 リーマンショック(過去最高値) 89.53
2011年10月 ギリシャ財政危機 46.88
2015年8月 中国経済失速懸念 53.29
2018年2月 VIXショック 50.30

このように株価に大きな影響を与えるような事件が起きるとVIX指数は上昇します。これらを踏まえて、1993年4月からのVIX指数の推移を見てみます。

過去の結果から言えば、VIX指数は上昇しても数字が戻っています。このような特徴的な値動きをするので、VIX指数の売りが有効な投資手法となります。

価格調整額狙いではなく、キャピタルゲインを狙う

CFDのVIX指数売りをすると、毎月価格調整額と呼ばれる金利のようなもののやり取りが買い手と売り手間で発生します。GMOクリック証券のCFDを例にすると以下のような推移となっています。

発生日 売り 買い
2019/05/15 492円 -492円
2019/04/10 1,542円 -1,542円
2019/03/12 1,335円 -1,335円
2019/02/06 472円 -472円
2019/01/09 151円 -151円
2018/12/12 -747円 747円
2018/11/14 -863円 863円
2018/10/10 -1,845円 1,845円
2018/09/12 1,089円 -1,089円
2018/08/15 387円 -387円
2018/07/11 784円 -784円
2018/06/13 1,049円 -1,049円

この結果だけ見て、VIX売りは価格調整で毎月お金をもらえることが多いので、これを配当のような毎月もらえる報酬と見立てて長期投資をするのは間違いです。価格調整額がどういったものなのか理解していないと、積立投資が有効のように感じてしまいます。

価格調整額というのは、価格を適正に保つための機能です。実はVIX指数は、計算上ゼロの収束するようにできています。しかし、あまりに小さい数字になってしまうと取引の性質上、使いにくいため、CFD取引では数値を修正しておおむね10~20で推移するようにしているのが価格調整額の正体です。

つまり、価格調整なのでその分VIX指数が修正されるので利益にはならないというわけです。もう一つ言えば、価格調整はマイナスになることもあるため、VIX指数をひたすら積み増していく行為はあまり得策とは言えないのです。ここを間違えてしまうと、VIX指数は値動きの荒い危険な指数になります。

VIX投資で最も大切なのは、投資タイミングです。VIX指数が高くなったら売り、安くなったら買いというキャピタルゲインを狙い利益を出すという意識が重要となります。これは、どのトレードでも当たり前と言えばそうなのですが、VIX指数は特徴的な値動きをするので、そこを考慮してトレードするのがコツです。詳しい話は、後述していきます。

CFDのVIX指数売りの注意点やリスク

CFD取引の注意点

冒頭で説明した通り、CFD取引はレバレッジをかけられるとこにメリットがあります。しかし、これは諸刃の剣で、掛け過ぎればちょっとした価格変動で損失が膨らんでしまうことも意味しています。レバレッジを掛けるほど、ハイリスクハイリターンな投資になるのです。各レバレッジを掛けていくときのイメージを下記の表にしてみました。

レバレッジ イメージ
1倍 絶対に大きなリスクを取りたくない方向け
2倍~3倍 リスクは取りたくないが、少し資金回収を早めたい方向け
5倍 スワップ投資など、長期投資での一般的なレバレッジ
10倍 短期トレードする際の、一般的な許容範囲
25倍 ギャンブラー

FXだとレバレッジ25倍まで掛けられるところ(海外FXだと最大888倍)が多いですが、そんなにレバレッジを掛けてもリスクを取り過ぎで、現実では多くの方が大金を失っていきます。これが、FXが怖いと言われるゆえんです。VIX投資に限って言えば、レバレッジは2~3倍程度でも十分な利益(10%以上)を出すことが可能なので、レバレッジの上げすぎには注意して下さい。

VIX指数の価格変動リスク

VIX投資の価格変動率は他の投資と比べ物にならないほど大きくなることがあります。直近で言えば、2018年2月VIXショックの時には約220%もの価格上昇が発生しています。株や為替であれば5%動いたら大事件という水準です。変動が激しいと言われる原油などの先物でも10%程度の変動率です。各金融商品の変動率のイメージを下記にまとめてみました。

金融商品 平時 有事
株式 1~3% 5%程度
為替(先進国) 1%以下 3%程度
為替(新興国) 1~3% 10%程度
先物 1~5% 10%程度
ビットコイン 1~10% 20%程度
VIX指数 1~5% 100%以上

ざっくりとしたイメージなので、参考程度に留めて戴きたいですが、他と比べてVIX指数の変動率(リスク)がいかに高いかが分かると思います。

これだけ聞くと、非常に怖いイメージを持ってしまいますが、本当にリスクが高いのでVIX指数の積み立てなどは絶対にやめた方が良いです。上述した通り、キャピタルゲインを狙い適切なリスクコントロールをすることがVIX投資では必要になります。

CFDのVIX指数売りのやり方

ロスカット設定

ここまで、レバレッジの管理(リスクコントロール)が重要であることをお伝えしてきましたが、実際にどれぐらいにすれば良いのかということです。一つの目安となるのが、リーマンショック時に記録した89.53という数字です。これは100年に一度とも言われる大不況で、VIX指数の最高値を記録しています。つまり、この89.53付近が、過去の値動きから考えてもほぼ安心できるラインと言えます。

89なんて高い位置にロスカットを設定すると全然儲からないと思われる方も多いと思いますので、少し例を出しておきます。前提として、GMOのCFD取引を想定して、1枚が10単位ずつで売買され、為替レート1ドル=100円とします。例えば、現在の1枚あたりの最低保証金は3800円でVIX指数が17.00ドルだったとして、89.53ドルにロスカットを置くと、76,330円の保証金が必要となります。キャピタルゲインは値動きによるため利回りを出せませんが、毎月発生する価格調整では直近5月が492円(0.64%)、4月が1542円(2.02%)、3月が1335円(1.75%)となっています。

毎月、これだけのインカムゲインを手に入れて、さらにキャピタルゲインも狙っていけるという意味では、それなりに利回りが高い投資だと言えます。当然、かなり安全をみたロスカット設定なので、例えばロスカットを50に設定するなど攻めていけば、さらに投資効率は上昇します。

CFD業者選び

現在、VIX指数を取引できる業者はGMOクリック証券とIG証券の2社となっています。

スペック GMOクリック証券 IG証券
スプレッド(手数料) 1単位あたり0.05ドル 1単位あたり0.1ドル
最大レバレッジ 5倍 10倍
ロスカット 個別設定可能 証拠金維持率100%
価格調整額 あり なし
ポジション決済時のドル円為替手数料 手数料なし 0.3%発生
最大保有期間 規定なし 2カ月

手数料や様々な面でスペック比較をすると、GMOクリック証券【CFD】が勝っています。唯一レバレッジでは負けていますが、上述した通りそもそもVIX指数への投資はレバレッジを掛けるものではないので、これは気にする必要がないです。

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、VIX指数だけに限らずCFD取引においては国内断トツの取引量を誇ります。取扱い商品や手数料(スプレッド)など様々な観点でトップクラスのスペックなので、CFD取引をやるならば、口座を持っておいた方が良いと思います。

投資タイミング

VIX指数は基本的には10~20の間に収まっていることが多いです。つまり20に近くなってきたら、売り始めて、15を下回ったら買い戻すということを繰り返していくと良いです。

絶対的な投資タイミングが無いのが、このVIX指数投資の難しさではありますが、コツとしては1回の投資でポジションを持つ大きさはできるだけ少なくして、値上がりに対して徐々にポジションを増やしていくようにして下さい。株式投資で言うところのナンピンと同じイメージです。株とは違って、VIX指数はどこかで必ず反転して値が戻ってきます。しかし、一気にポジションを持ってしまうと身動きが取れなくなってしまうので、絶好の投資タイミングに見えてもポジションは少しずつ増やしていくのが良いです。

始めは小ロットで取り組んでみて感覚を掴んでみることを推奨します。それでも、まあまあの利益(数千円程度)になると思うので、ぜひトライしてみて下さい。